スキーに行く場合は宿泊のイメージが強いですが、都心部から割と近いスキー場であれば日帰りスキーとして利用する人も少なくありません。

基本的に朝出発の日帰りスキーでも6時間から8時間は滑ることが可能になります。

最近のスキー場はナイター設備も充実しているため、夕方5時を過ぎてからでもまだスキーを楽しむことができます。

日帰りスキーをする場合には、できるだけ滞在時間の長いところを選ぶべきです。



たとえば、バスを利用する場合には、スキー場に直結する便を利用すると良いでしょう。
どのバスがスキー場に直結するかわからない場合にはスキーツアーを利用してみるとよいでしょう。

また、新幹線を利用する場合には、臨時駅のスキー場もあります。

しかも駅からスキー場に直結しているため、大げさな話改札を出てすぐスキー板に履き替えても問題ない所もあります。


新幹線で行く場合には、東京から1時間20分程度で行くことができるため、バスのおよそ半分のスピードでスキー場まで行くことができます。

日帰りスキーについて知るならこのサイトです。

日帰りスキーでは旅館やホテルに泊まることがないため、汗をかいてもお風呂に入れません。そこで、スキー場の施設でシャワーが完備されているところや温泉が湧いていてすぐに入れる所を利用するのもポイントになります。

レンタルスキーを利用して身軽にスキー場に繰り出してもいいでしょう。

4meee情報をまとめてチェックしよう。

ただし、繁忙期はレンタルスキーを利用するだけで1時間ぐらい待たされることもありますので注意が必要です。